忍者ブログ

べりろぐ。 ~ヴァナ料理再現工房~

ヴァナ調理師範・リアル料理素人が送る、FFレシピ再現のきろく

エミネンクエはノスタルジーの香り。

どもども、べりです。
先月の記事でエミネンス・レコードにはまっていると書いたとおり、
その後もじわじわコンプ目標を増やすのに密かな楽しみを見出しています。
こういう地道系クエが好きなんです(*´д`*)
コロナイズとか結構しんどいけど、いつか161クエ全部達成するつもりですよ!

ところで、目標の達成数がそれぞれ50・100を超えると
ジュノ下層にいるタルっ子からエミネンス・レコードクエストを
受けられるようになります。
ここまでエミネンクエを達成してきたプレイヤーにしてみれば、
内容はどれも簡単なものばかり。
でも、イベントを通じてエミネンスNPCたちの過去を垣間見れたり
「自分は何のために冒険してるんだろう?」と考えさせられる、
ちょっと今までにない切り口のクエだなーと思いました。

まだやってない人もぜひ見てみてほしい!ということで
今日はエミネンスクエスト3部作をレポートします。
ネタバレなので一応折りたたみます。




連続クエの1番目「黄昏テレポート」は、目標を50個以上達成して
ジュノ下層のナントトに話しかけると発生します。
それまでは話しかけてもあまりにそっけない態度なので、
やっとクエを発生させて「よっしゃ!」と思ったのもつかの間。


このナントト、エミネンクエの仕組みに得体の知れなさを感じていて
自分宛にピンポイントに送られてくる目標を薄気味悪がっている様子。
その目標を、プレイヤーに押し付けてしまいます。
なぜ自分宛に目標が送られてくるのか…って、普通の冒険者っていうか
プレイヤーは絶対そんなこと気にしないよなあ。
わーい目標だー(*゚∀゚)=3 とほいほいクリアしてきた私の方が
能天気に思えてくるほどの疑心暗鬼っぷりです。

ともかく6箇所テレポして戻ってくると、クリア後のイベントで
ナントトと四国エミネンスNPCたちの関係が少し明らかに。
どうやらナントトと四国エミネンスNPCたちは、以前PTを組んで
一緒に冒険していた仲間だったようです。


NPCたちの装備からすると、Lv40~50台ぐらいの頃でしょうか。
それにしても皆、当時から濃いキャラの片鱗見せまくりだなあ~。
エターナルフレイムはこの頃からラブ&ピースだし
アイザコス先生のサブリガ好きも筋金入りか!(´Д`;)
しかし考えてみると、私たちプレイヤーさながらに
ジュノでPT組んで冒険に出るような役どころのNPCって
これまでいませんでしたよね。ちょっとメタ的。
(アトルガンでは、傭兵仲間としてファルズンなどがいましたが)


回想シーンが終わり、しんみりムードのナントトの独白。
必要とされている感じがする…
メイン白の私も、その気持ちは分かる気がしますよ(´・ω・`)


そして、ナントトのツンデレ属性(?)が明らかになり
いったんクエは終了。
ちなみに私も、今まで何百回となくテレポしてるはずですが
1人で飛ぶのが寂しいと思ったことはないっす(;°ロ°)


続いて連続クエの2番目「錯綜メモリアル」は目標100個以上達成で発生します。
今度もナントト宛に届いた目標を押し付けられるプレイヤー。
たまには自分でやれよと言いたいです(-人-;)
内容は古墳のシャドウ族を10体倒すというもので、
道のりがすこーし遠いこと以外は楽勝です。
ていうか、現代の古墳なんて滅多に入らないので
地下への降り方忘れてまごまごしました(´Д`;≡;´Д`)
帰り道で超久しぶりに七罪の燭台を見かけたりと、
私自身もノスタルジーを感じるクエでした。


ところが、目標を達成してジュノに戻ってきてみると
ナントトとエミネンスNPCたちが何やらもめています。
かつての仲間相手に、随分とげとげしいな(´・ω・`)


ここでロランちゃんことサンド案内役のRolandienneが
何かを口走りかけますが、現段階ではこの伏線は謎のままです。
今後クエが追加されて、真相が明かされることに期待!


結局2人と物別れになってしまったナントト。
ほんとは久々にみんなと活動したかったくせに( ̄― ̄)σ
ツンデレというか、ただの素直になれない子みたいですね。
この後ナントトは、プレイヤーに「何のために冒険しているのか?」と尋ねたり
自分の意地っ張りを反省したりして、また黄昏モードに入ってしまいます。



そして、現段階で実装されている最終クエ「思い出の地に花びらを」が始まります。
新たに目標達成数を増やす必要はなく、ヴァナ日跨ぎなどもないので
エリアチェンジしてナントトに話しかければすぐに発生します。


ただクリアするだけなら、桜花爛漫をもらったその場で
速攻使うだけでもクリアになる超簡単なクエです。
だけど、ここまでストーリーを見てしまったからには
やっぱり自分なりに思い入れのある地で使いたいなーと思いました。
使ったエリアが「思い出のエリア」として登録されるので、
今後それが何のフラグになっても悔いのないようにしたいですし(`・ω・´;)

候補地が山ほどあって本当に悩んだものの、最終的には
暮れなずむ東アルテパの砂丘に桜の花びらを撒いてきました。
 

私は2002年のサービス開始の年からプレイしていますが、
2003年にジラートの幻影が出て、初めて追加エリアが
実装された時のワクワクドキドキは今でも忘れられません。
追加ディスク発売当日、LSメンと「新エリア探検しよう!」と
最初に足を踏み入れたのがコロロカ~アルテパでした。
奇跡的に、PS2で撮ったその日のSSが発掘できたので貼ってみます。

写っているLSメンの格好が「黄昏テレポート」の回想シーンの
NPCたちの装備と似通っていてびっくり!
AF前ぐらいのLv帯って、確かにこんな装備着てたなあ。

地図もなく、蟻に絡まれながら砂漠をさまよって、それでも
「うおおおー冒険ってかんじー!」と全員テンション最高潮でした。
あれからたくさんの新エリアが追加されましたが
今でも私にとって「新世界」そして「冒険」のイメージが
一番強いのは、この砂漠なんですよね。

ナントトたちの過去と、自分の古い思い出を振り返るうちに
ふと、この有名どころFLASHを思い出しました。
再会。
当時はFLASH中の白タルにとてもとても共感したものです。

エミネン装備がやたら低レベルっぽいグラフィックだったり
最近全然行ってないエリアに足を運ばせる目標が多いのは、
プレイヤーにも初心や古き良き(?)時代を思い出してほしいという
メッセージなのかもしれないですね。

…なんてしみじみと〆そうになりましたが、ちなみにこの連続クエでも
時々非常にアレな選択肢が出てくるので気が抜けません!
「私が町長です」とか、知ってる人どれだけいるの(;'Д')
エミネンス導入クエに通ずるカオスな雰囲気も込みで
ぜひ多くの人に体験してもらいたいです(`・ω・´)
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プロフィール

HN:
べり(berry)
性別:
非公開
自己紹介:

ブログ内検索

最新CM

[09/06 べり]
[09/05 ちー]
[01/06 べり]
[01/05 ガリ]
[06/27 べり]

最新TB

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

Copyright ©  -- べりろぐ。 ~ヴァナ料理再現工房~ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]