忍者ブログ

べりろぐ。 ~ヴァナ料理再現工房~

ヴァナ調理師範・リアル料理素人が送る、FFレシピ再現のきろく

晩秋のアトルガンごはん祭り2017 ~カルヌヤルク~

みんなー!キャンペーンやってるかー!べりです。


私も頑張って11月の各種キャンペーンに参加しています。
ダラダラ停滞していた釣りスキルがやっと110になりましたヽ(´―`)ノ
ドメインお宝キャンペーンは相変わらず重いですね...w
そしてさらに、現在はコスミックオーブキャンペーンに精を出しています。
我ながらなんというヴァナ充!
しかしキャンペーンが忙しすぎてあと一歩でミシックが完成しない...
今年中には完成させたいなあ。

そんなわけで、ちょっと前に再現料理を作ったにも関わらず
すっかり記事作成が滞っておりました。
もうそろそろ「晩秋」と銘打つのも苦しい寒さになってきたので、
大慌てで再現レポートをアップしなくては!
ということで今回はおいしい秋ナスを使って、アトルガン料理の
「カルヌヤルク」を作りましたよー。




■材料

(調理:82)炎のクリスタル
カザムがらし   → ししとう
ブラックペッパー → 黒こしょう
オリーブオイル  → サラダ油
岩塩       → 塩
ワイルドオニオン → 玉ねぎ
たまごナス    → なす
ミスラントマト  → トマト
カラクールの肉  → ひき肉

カルヌヤルクとはトルコ語でお腹を裂くという物騒な意味らしいです。
なすを縦に裂いて、中にひき肉の詰め物をする料理なので、
その形から取られた名前なのかなあと想像。

ヴァナではアトルガンっぽさを出すためか、カラクールの肉を使っていますが
リアルでは羊のひき肉は入手が難しそうなので、ふつうの牛豚合挽き肉で
許していただきたい(゜ーÅ)
本場トルコではクミンとかスパイスを効かせているようですが、
ヴァナ料理の調味料は塩とこしょうのシンプルな味付けだけで勝負です。

あと、今回はカザムがらしはししとうを割り当てました。
アイコン画像の緑色のやつはきっとししとう!
青唐辛子だと辛くて死んじゃいそうですもんねー。


■作り方

・なすは3か所ほど縦方向に皮をむきます。


・詰め物にする玉ねぎとししとうをみじん切りにしておきます。



・なすをフライパンでこんがり焼きます。ここでは油は引かない方がよさそう。



・中まで火が通ったら、カルヌヤルクの名前の通り
ざくーっと縦方向に切れ目を入れます。




・ひき肉、玉ねぎ、ししとうを油で炒めて塩こしょうで味をととのえます。



・なすのお腹に詰め物をてんこ盛りに詰め込んだら、フライパンに戻します。
みじん切りにしたトマトと水をなすの周りに注いで、蓋をして弱火で20分ほど蒸します。



・あらかた蒸しあがったら、輪切りにしたトマトとししとうをトッピングして、
もう10分ほど蒸します。



・トマト煮汁が煮詰まったら完成です!


■完成品

相当アイコン画像にそっくりな一品ができましたよ!



お味は...って、なすは縦方向には簡単に裂けるけど、横方向に切るの難しいな(´・ω・`;)
お箸で食べるのはあきらめて、急遽ナイフとフォークを引っ張り出しました。

う~ん、煮詰めたトマトが凝縮された濃厚な甘酸っぱさに仕上がっていて、
いい味のアクセントになっています。
そんなトマトとひき肉の旨味がなすにたっぷりしみ込んでいて、大変おいしいです(´¬`)
食材の組み合わせからして、おいしさが約束された勝利の味!
塩こしょうだけだと味付けが物足りないかな…という予想をいい意味で裏切ってくれました。



■評価

美味度:★★★★★ これは普段使いにしたいレシピ!材料の入手も簡単で、おすすめです。
再現度:★★★★★ かなり完成品アイコンにそっくりでしょう(*´д`*)
PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
べり(berry)
性別:
非公開
自己紹介:

ブログ内検索

最新CM

[01/06 べり]
[01/05 ガリ]
[06/27 べり]
[06/27 あけち]
[05/12 べり]

最新TB

カウンター

アクセス解析

フリーエリア

人気ブログランキングへ

フリーエリア

Copyright ©  -- べりろぐ。 ~ヴァナ料理再現工房~ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]